胃癌予防としてピロリ除菌

慢性胃炎がピロリ菌によっておこり、慢性胃炎は胃癌の発生母体である・・・この事実は医学的にはほぼ間違いない・・・事と考えられています。

科学的に統計学的に有意差をもって 「ピロリ菌の感染によって胃に慢性の炎症がおこり、その炎症のために胃癌の発生が増える 」・・・という内容が明らかにされてきました。

そして、ピロリ菌の感染がある場合は胃潰瘍・十二指腸潰瘍があるなしにかかわらず、ピロリ除菌をしたほうが胃癌の発生が減少する・・・ということも正式に発表されました。

約3分の1になるようです。
そのため、保険では認められていない慢性胃炎を起こしているピロリ除菌をする事をヘリコバクター学会が正式に 「した方が良い・・・」 と推奨したのです。この事実はかなり大きなインパクトがあります。

正式な学会が保険外診療が必要だ・・・と公に言葉を発したのです。
事実をよく理解し、副作用などをよく理解してヘリコバクターピロリ菌を除菌するようにいたしましょう。
そのために情報サイトとしてこのホームページを作成しています。